病は気からというけど、すごいパワーだね

ガン

ガン

 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ > ガン克服パワー 杉浦貴之さん さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい 次のページは、さてなんだろう?



ガン克服パワー 杉浦貴之さん

          [2009/8/31 ゲンログ]




足の具合は停滞期でしょうか。伸びが感じられなくなってきて、突っ張り感とむくみ感があります。


昨日外出するとき、普通のサンダルにしてみました。いけそうです。
先生も普通の履物にしてもよいと言っていたので、会社にも今日から靴で行ってきました。かかとの傷と靴があたって痛かったです。ふー






昨日は、「24時間テレビ」をちょこちょこと見ていました。毎年、病と闘っている人たちのドキュメントを放映しています。


みなさん、本当に精一杯に生きているのをみるにつけ、おいらの生易しさを、ちくりちくりとつつく自分がいます。「真剣に生きているのかぁ?」 「いや、まだまだです。」


ところで、今日、おいらの心に残ったのは、「杉浦貴之」さんのドキュメントでした。


1971年5月29日、愛知県西尾市生まれ。


28歳で腎臓がん宣告をうけ、余命「半年から2年」だった最悪状態から、なんと今年で10年目。うーんすごい。


すべてが前向きで、夢をあきらめずに実現してきたことに感銘しました。まわりの人たち、友達などのアシストも大事な要素だったと思います。


また、経験を歌や文字で、みなさんに発信しつづけて、勇気と希望を与えていることも、精一杯生きていると感じさせてくれることのひとつでした。


杉浦さんの「夢」


その1


入院当時、「ホノルルマラソン完走」が夢だった。


2008年実現させました。


その2


ホノルルマラソンのゴールにパートナーが待っていて、そのままハワイで結婚式を挙げる。


2008年実現させました。


実は、病院のベッドの上で、挨拶文まで考えては涙を流していたそうです。(感情移入でしょうか?)


すごいと思いませんか?
余命いくばくもない人が、夢をあきらめずに、ずっと持ち続けていた精神力(なのかなぁ?)は、信じられないです。






でも、おいらの口癖が「あきらめたらすぺてがとまる。だからあきらめない」なので、ますます自信がついちゃいました。


これは、自分のちいちゃな体験からの教訓です。りっぱじゃないけど、ぜったいそう思います。もちろん失敗や望みかなわぬこともいっぱいありますよ。


でも、かなった事も少なからずあります。だから・・・






しばらく前に、テレビで、やはりガンに罹った末期患者の話を思い出しました。


その人は、目をつぶると、いっぱい何かが襲ってくるので、ひとつづつすぺて打ちつくすイメージを毎日繰り返していたそうです。


そしたら、なんと、ガン細胞がだんだん小さくなり、完治したそうです。






もとへ


杉浦さんの歌がとても心をうつ歌詞でしたよ。聞いてみる価値大アリです。


ここをクリック→ 杉浦さんのサイト


じゃ おやすみなさい。あっ 明日から9月ですね。





 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい       さっき見たページに戻りたいときはこのボタン 次のページは、さてなんだろう?                        このページのトップへジャンプするぞ
Copyright (C) 趣味への旅 All Rights Reserved
ご覧いただきありがとうございます。 また、いつでもきてくださいね。待ってます。