大きなラジコンヘリは音も大きいなぁ

緊張感

緊張感

 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ > 久しぶりの緊張感 さっき見たページに戻りたいときはこのボタン ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい 次のページは、さてなんだろう?



久しぶりの緊張感

          [2010/2/1 ゲンログ]




今年も1月が過ぎてしまった。早いもんだね。
この勢いで行ったら、また、1年、「あっ」と言う間に過ぎちゃうかも。


今日は、午後から雨模様で、駅から自転車で帰ってくるときには、どしゃぶりでつめたかったぁ〜


関東じゃ、雪が降っているんだって。滑ってころばないようにね。


毎週、週末はラジヘリのHurricane255(TSH Gaui)の組み立てやら、プロポの設定やらで、なかなか忙しい。


判らないことがいっぱいあって、おもしろいけど、やっぱり早く理解したい。


昨日は、いちおう、Hurricane255のマニュアルどおりに、「スロットルカーブ」と「ピッチカーブ」を入力してみた。


そして、初フライトに挑戦。
しかも、8畳の和室、実質は6畳の広さで。


スロットルを上げていくと、「ヒュいー〜ん」と ローターが回りだし、さらに上げていくと、すごい音! 
ローターの風きり音、これが、尋常じゃあない。


WalkeraのCB100を初めて飛ばしたときも、その音に驚いて、手ががくがくしたけど、
ハリケーン255は、その比ではなかった。


メインローター径も、20cmから52cmへと2.5倍となってるし、本当に「音」に負けそうになったんだ。(小心者っ!)


軽自動車とF1マシンの排気音の違いくらいに感じたぞ。
室内だからかもしれないけど、浮かぶ位スロットルを上げると、部屋中がワンワンとして、回転数によっちゃあ、あのヘリコプター独自の「バタバタバタ」という音にもなった。


カーテンがばたばたと旗めくし・・・


なので、どうもスロットルをなかなか上げられなかった。「もし、突然走り出したらどうしよう」、「こっちに向かってきたら・・・」 なんて不安が頭をよぎってしまうんだ。


2回ほど、浮かぶ手前までスロットルを上げて、エレベータとエルロンをピクピクと動かしながら、傾き加減を試して、


さて、3回目。


思い切って、さらにスロットルを「ちょびっ」と上げた。
「フワッ」と浮いた。が、左に動き出したので、右にエルロンを打った。


前に動き出したので、エレベータをアップに。


ピコピコと、CB100やBlade mSRで培った(?)スティックさばきで、落ち着かせることができた。「やった〜!」


もうちょっと浮かせようと、スロットルを上げると、また動き出して窓のほうに行こうとしたので、CB100やBlade mSRのときのように、スロットルを一気に下げると、


落ちると言うより、磁石に吸い付くように、畳に「ドスン!」と。電池が外れて落ちた。
「あー、これがマイナスピッチの効果か〜」 なんて感心した次第。


それ以降は、スロットルを「ジワッ」と下げるように慎重に操作するようになった。
本にも、書いてあったけど、実際経験して自分で感覚をつかまないとダメだね。


なんとか、5回目で20秒ほど浮かんでいられるようになったが、まだ慣れない。
「怖い!」 終わると、手に汗と、手足がガクガクとしていた。


初フライト。「久しぶりの緊張感」が心地よかった。


でも、これを思い通りに操るのって、まだほど遠いなぁ〜〜〜!


シミュレータでもっと練習しなくっちゃ






それに、プロポの設定で、「左右舵角調整」「最大舵角調整」などなど、いつどうやればいいのか、もー、まったく判らない。


もっと、もっと勉強せねば。


と、課題山積みだけど、とてもおもしろい。






ところで、E-Fliteのサイトを見たら、Blade SRというのが出てきた。
Blade mSRの兄貴分がラインアップされたみたいだぞ。






じゃあ、おやすみ〜。





 ゲンタの趣味への旅のホームトップへジャンプするぞ ゲンタの趣味への旅のコンテンツリストへジャンプするぞ いろんな趣味へのリンク集へジャンプするぞ ゲンタへなんでもメールちょうだい       さっき見たページに戻りたいときはこのボタン 次のページは、さてなんだろう?                        このページのトップへジャンプするぞ
Copyright (C) 趣味への旅 All Rights Reserved
ご覧いただきありがとうございます。 また、いつでもきてくださいね。待ってます。